大型自動二輪免許

大型自動二輪免許ハーレーカスタム

大型自動二輪 卒業検定

今日はいよいよ大型自動二輪 卒業検定です。

あまりの緊張に、集合時間の30分前に到着してしまいました。

受付で名前をいうと、何やら書類を見せられて、名前と住所が合っているか確認してくださいとのこと。

受付係りの女性:「今日の検定コースは第一コースです。」

やった。得意な方だった。少し安心。

しばらくすると、以前数回一緒に教習し、たさわやか青年と、第一段階のとき1回話したことのある、普通二輪の20代の男性が一緒になり、今日の二輪検定は合計3人で行うようです。

みんなで雑談していると、「二輪検定を受ける方はこちらの部屋で説明しまーす。」と呼ばれて、

検定コースの再確認と、注意と開始時間、検定の順番を八法されました。

私は2番目。よかった!トップだとたぶん緊張しすぎてパニクッてしまうでしょう。

説明が終わると、「12:40から始めますので5分前には準備してスタート地点に集合してください。」とのこと。緊張度合が最高潮に・・・・。

5分前にバイクの前に並ぶと、検定員の一人が、「慣らし走行をしますので、一人外周1週してください。」と言われたので一人ずつ順番にバイクに乗ります。

私の番が来たので、さっそくまたがってエンジンをかけると、ミラーの調整を忘れていました。

・・やばーい。完全にテンパってるではないか。・・

とりあえず1週が済み、スタートの時間を知らせるチャイムが・・

いよいよ検定開始です!

検定員:「では1番の方から始めてください。」

さわやか青年がスタート。バイクにまたがる前の確認やミラー調整、めっちゃ確認しています。緊張しているのが動きですごくわかります。

走り出すと、検定員がトランシーバーで主検定員に「スタート、OKです。」{了解}

おおっスタートは完璧ということか・・

ちなみに検定員は3人いて、主検定員は塔の上から見ています。

さわやか青年は、特にミスすることもなく無事帰還。多分合格でしょう。

そしてついに私の番。

めっちゃ緊張しているけど、とにかく落ち着いて、確認確認・・。

卒業検定コースは、スタート地点を出発し、外周コーナーを抜けた直線でいきなり急制動があります。とにかくここで失敗すると大打撃を受けるので、後輪のロックと、ラインオーバーだけは避けたい。速度が足りなくてもやり直しが1回しかきかないので、慎重に。

直線でアクセルをふかし3速から4速に、スピードメーターを見ると43kmを指しています。

おおっちょっと早すぎかーと思ったらもうブレーキ地点、前輪ブレーキをギューっと握って、後ろブレーキはほとんどかけずにストップ!

停止線の50cm手前ぐらい。ロックもせず、安定して止まりました。ふーっ、うまくいった。よかったー。

この後は急制動がうまくいったせいか、ほぼ落ち着いて運転できました。

でも、1本橋がおそらく8秒ぐらい(余裕がなかったので確認できず)とスラロームは7秒はかかっていたんじゃないかな。

無事帰還。

検定員:「検定が終わった方は、装備を外してロビーで待っててください。」

ロビーに行くとさわやか青年がいたので雑談。

やっぱり1本橋は緊張で早く抜けてしまったそうです。

最後の普通二輪の青年も無事帰還したようで、みんなで「無事終わりましたね。結果はすぐ出るのかな?緊張するなー。」

なんて雑談。

しばらくすると、受付の女性が、「二輪検定を受けられた方、ただ今より合格発表を行います。検定の順番のとおり、電光掲示板に1,2,3の数字が合格した方は光ります。それではカウント5から始めます。

すると、周りに手の空いている教官が集まってきて一緒にカウントダウン。

5,・・4・・3・・2・・1

ピカッ!

電光掲示板には、1,2,3の文字が!なんと全員合格!

やった!ついに免許とったどー!

教官たちが拍手する中、1本橋を落っこちないように教えてくれたS教官がやってきて、

「おめでとうございます。1本橋はどうでしたか?」

私:「教えの通り、目線で乗り切りました。」

教官:「これからはどうどうと乗れるので、バイクを楽しんでください。」

いやあ、本当にうれしい。大型自動二輪免許を申し込んで1か月と13日。

長いようで短いバイク教習でした。

さあ、あとは免許の交付を受けるだけです!やりました!

|プライバシーポリシー |

Copyright © 2012-2017 potman All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.