AC/DCの楽曲ついにiTunes Storeで配信開始!

2012年12月30日

米Columbia Recordsと米Appleは2012年11月19日、「AC/DC」の楽曲を、世界中のiTunes Storeでデジタル配信することを発表しました。
すでに楽曲配信もスタートしています。AC/DCの楽曲はアーティスの意志もあり、これまでデジタル楽曲として音楽配信という形で扱われていませんでした。音質が著しく低下したり、ライブ感を味わうにはCDやDVDが一番いいメディアであると考えられていたからと思います。しかし、ついに、iTunes Storeで配信されることが決まり、全アルバムがダウンロード可能となりました。
待ち望んでいたファンにとってはうれしい限りですね!私もほとんどのアルバムを持っていますが、気軽にダウンロードができることによって、新しいAC/DCファンが増えることの方が魅力。AC/DCを知らない世代にどんどんファンになってもらって、もう一度世界ツアーで日本へ来てもらいたいものです!
AC/DC楽曲ダウンロードはこちらから↓
icon
icon

AC / DC、20年ぶりのライヴ・アルバム『ライヴ・アット・リヴァー・プレイト』発売決定!

2012年9月15日

2008年にスタートし2010年の2年間かけて行われた、AC/DC世界ツアー。
暴走SL機関車、巨大ベル、巨大ロージー人形、大砲などが登場するAC / DCのライヴ。そんな彼らが全世界28ヵ国108都市で500万人以上を動員した“BLACK ICE WORLD TOUR”のライヴ・アルバム、「ライヴ・アット・リヴァー・プレイト(Live At River Plate)」が発売されます!
 
 発売は海外では2012年11月20日、日本では11月21日が予定されています。ライヴ・アルバムの発売は1992年『LIVE』以来じつに20年ぶりのことです。
 
 このライブアルバムは、2009年12月2日、4日、6日に行なわれたアルゼンチン・ブエノスアイレスのRIVER PLATE STUDIUMで行なわれた3日間で20万人を動員する伝説的な公演から選りすぐられた19曲のライヴ音源を2CDに収録したものです。
 
 また、同タイトルのDVDは 2011年5月にリリースされ、17ヵ国で1位を記録。

日本でのツアー記録はこちら

2009/3/12(金) 東京 埼玉スーパーアリーナ

2009/3/14(日) 東京 埼玉スーパーアリーナ ★追加公演

2009/3/16(火) 大阪 京セラドーム 

ツアーに参加した皆さん、またまたあの興奮がよみがえりますよ!

ウェブマガジン「CDジャーナル」NEWS提供

※11月21日発売予定
AC / DC
『ライヴ・アット・リヴァー・プレイト』
(品番:TBA/2CD/税込み3,780円)
[収録曲]
01.暴走/列車(『BLACK ICE/悪魔の氷』[08年発表])
02.地獄は楽しい所だぜ (『LET THERE BE ROCK/ロック魂』[77年発表])
03.バック・イン・ブラック (『BACK IN BLACK』[80年発表])
04.爆弾ジャック (『BLACK ICE/悪魔の氷』[08年発表])
05.悪事と地獄 (『Dirty Deeds Done Dirt Cheap/悪事と地獄[76年発表])
06.ショット・ダウン(『HIGHWAY TO HELL/地獄のハイウェイ』[79年発表])
07.サンダーストラック(『THE RAZOR’S EDGE』[90年発表])
08.悪魔の氷 (『BLACK ICE/悪魔の氷』[08年発表])
09.ジャック (『HIGH VOLTAGE』[76年発表]
10.地獄の鐘の音 (『BACK IN BLACK』[80年発表])
11.スリルに一撃 (『BACK IN BLACK』[80年発表])
12.戦闘マシーン (『BLACK ICE/悪魔の氷』[08年発表])
13.仲間喧嘩はやめようぜ (『LET THERE BE ROCK/ロック魂』[77年発表])
14.狂った夜 (『BACK IN BLACK』[80年発表])
15.T.N.T.(『HIGH VOLTAGE』[76年発表]
16.ホール・ロッタ・ロジー (『LET THERE BE ROCK/ロック魂』[77年発表])
17.ロック魂 (『LET THERE BE ROCK/ロック魂』[77年発表])
18.地獄のハイウェイ(『HIGHWAY TO HELL/地獄のハイウェイ』[79年発表])
19.悪魔の招待状(『FOR THOSE ABOUT TO ROCK /悪魔の招待状』[81年発表])

現在発売中の、ライブDVDはこちら↓

AC/DCのアンガス・ヤングが豪史上最高のギタリストに&新作には数年間必要

2012年5月22日

オーストラリアのロック・バンドAC/DCのアンガス・ヤングが、オーストラリアン・ギター誌の同国”史上最高のギタリスト第1位”に選出された。

1位のアンガスに続く2位以下は、2位にトミー・エマニュエル、3位にコールド・チゼルのイアン・モス、4位にリヴィング・エンドのクリス・チェイニー、5位にザ・エンジェルズのリック・ブルースターという順位となっている。

このニュースに先立ち、先日ボーカルのブライアン・ジョンソンが「来年までに新作を出せるはずだ」と話していたことについて、アンガスの兄マルコム・ヤングは、その噂を一蹴している。

「ブライアンがどんなやつか知ってるだろ。言いたいことを言って逃げちまうのさ。新作にはもう少し時間がかかるだろう。1年か2年くらいはね」と語るマルコムだが、新作には全く取りかかっていないわけではなく、すでにいくつかのアイディアがあり、セッションを行っていると続けている。

「いくつかの歌のアイディアを元に演奏してるんだけど、それはいつも俺がやってることなんだ。残りのメンバーも同じで、制作はまだ始まったばかりさ。でも『スティッフ・アッパー・リップ』と『ブラック・アイス/悪魔の氷』の間に長い活動休止期間を取ったから、まずはそれを取り戻さなきゃならないし、取り組むのにあと数年は必要だと考えているよ」

同バンドの2008年作『ブラック・アイス/悪魔の氷』は、グラミー賞、ブリット・アワード、ARIAミュージック・アワードなど多くの賞にノミネートされており、その後2011年に活動休止を迎えるまでの2年間、同アルバムのワールドツアーを行っていた。
(BANG Media International)

AC/DC、メンバーの病気によりニュー・アルバムの制作を延期

2012年2月4日

音楽サイト、バークス(BARKS)によると、AC/DCが、メンバーの体調不良によりニュー・アルバムの制作を延期していることを明かしたそうだ。

フロントマンのブライアン・ジョンソンは、そのメンバーの名を口にしなかったものの、フロリダのラジオ番組『The Cowhead Show』で、
「2012年、またやれればいいと思っている。ボーイズの1人がちょっと具合が悪いんだ。俺は何も言えない。でも、彼はよくなってきている」と語ったそうだ。
ジョンソンによると、病気は命をおびやかすものではないという。

バンドはこのため、現在、ニュー・アルバムのレコーディング・セッションを延期しているそうだ。

メンバーの誰かが、気になるところだが、不滅のロッカー野郎たちのことなので、
僕らの期待にはきっと応えてくれることを信じたい。

早く良くなって次の新作アルバム、世界ツアー期待してるぜ!

アイアンマン2 TV CM AC/DC

2010年6月6日

6月11日公開予定の映画アイアンマン2のTVCMが公開されています。


Iron Man 2, the Movie: (C) 2010 MVL Film Finance LLC. Iron Man, the Character: TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC & subs. All Rights Reserved.

AC/DCファンならご存知のとおり、この映画は”スリルに一撃”が主題歌となっているので、なんか曲使ってるかな~って期待してみてみると、なんと”サンダーストラック”のイントロがかかっているではないですか!

うーむ。これは本編が期待できる。AC/DCガイズの諸君、誤ってもピカピカ光るデビルホーンをつけて映画館に行かないように。(笑)

CMに使われている”サンダーストラック”は下記のアルバムに入っているぞ!

1. Thunderstruck
2. Fire Your Guns
3. Moneytalks
4. Razors Edge
5. Mistress for Christmas
6. Rock Your Heart Out
7. Are You Ready
8. Got You by the Balls
9. Shot of Love
10. Let’s Make It
11. Goodbye and Good Riddance to Bad Luck
12. If You Dare